FXの基本的なスキルを身につけましょう!

2017年12月05日

引き続きヘッドライン相場に

昨日ユンケル欧州委員長とメイ英首相の会談ではEU離脱交渉で完全な合意はできず、次回のEU首脳会議(12/14-15)に再度進展を目指すこととなりました。
ユーロ、ポンドは下落。今後も大きく動く可能性がありますのでご注意を。

米市場は引き続き税制改革法案のすり合わせ(主に実施時期など)
トランプ大統領のロシア疑惑などの材料に注目しております。

新興国、特にトルコが上昇しております。
エルドアン大統領が「海外への資本移動の制限を求めていない」との発言がきっかけとなっているようです。12/14政策金利に向け注目です。

ロイター:ドルが対円で3週間ぶり高値、税制改革巡る動きで=NY市場
https://jp.reuters.com/article/ny-forex-idJPKBN1DY2R3

ロイター:英とEU、離脱交渉で合意先送り アイルランド国境問題が障害に
https://jp.reuters.com/article/britain-eu-idJPKBN1DY2FE

画像のテクニカルは
強い買い:トルコ、ランド
弱い買い:豪ドル、メキシコ
  中立:米ドル、ユーロ、ポンド、NZドル、Pズロチ、金、NYダウ
弱い売り:日経225
強い売り:白金
posted by FX研究家 at 10:19| Comment(0) | FX 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする